すべての記事




 

弁理士紹介



ファーイースト国際特許事務所には常勤の弁理士が営業時間中に待機しています。またファーイースト国際特許事務所に所属する弁理士は全員日本弁理士会に所属しています。


【所長弁理士 平野泰弘】

日本弁理士会所属:平成17年度知的財産価値評価推進センター第一事業部長
特定侵害訴訟代理業務付記弁理士
兵庫県出身
大阪大学大学院理学研究科有機化学専攻修了
大阪大学体育会ワンダーフォーゲル部27期主将
趣味:将棋。アマチュア五段

大学院修了後、旧財閥系大手企業にて研究部門、事業部門、知財部門に16年間勤務する。

電子・電気材料用途の新規有機化合物を発明、5億円の製造プラントを新規に建設する。
社内弁理士として東京本社の知的財産部門に勤務後、2004年4月に独立。

独立前の勤務先等から一切仕事を請けることなくゼロベースで特許事務所を開設し育成する。

2007年に二つ目の特許事務所であるファーイースト国際特許事務所を中央区に新規に開設する。

特許明細書作成、拒絶理由通知対応、各種審判手続きはもちろんのこと、東京地裁における侵害訴訟裁判の代理業務、高額のライセンス契約の取りまとめ、裁判所からの依頼による鑑定業務等豊富な経験を有する。

フラスコレベルから工場におけるプラントレベルまでの実務に精通し、プロレベルの研究、事業および知的財産業務の実務経験を有する実戦型の弁理士であることが特徴。