東京高裁

無料商標調査 暴走人工知能

商標登録の阻止

第三者の商標登録を阻止する方法として、特許庁に情報提供をする方法があります。情報提供された内容を特許庁の審査官は必ず見るという訳ではありません。情報提供が不発に終わった場合には異議申立、無効審判等の請求を行うことができます。異議申立や無効審判の結果に不服がある場合には東京高裁に出訴することができます。

商標登録の異議申立

特許庁のした商標登録の処分に不服があるときは、商標公報の発行の日から2ヶ月以内であれば登録異議の申立をすることができます。特許庁の判断にも誤りがある場合があります。このため商標登録後の公報発行後に誰でも特許庁に対して商標登録されたことに対して異議申立ができます。