商標権

無料商標調査 暴走人工知能

なぜ洋服の商標登録で下着や寝巻の指定を忘れるのか

なぜ洋服の商標登録で下着や寝巻の指定を忘れるのか

索引

初めに

もう目を覆うばかりの惨状です。商標登録出願の際に、商標登録について経験のない素人さんが手続すれば、おそらくやらかすだろうと予測できる行動があります。いわゆる権利申請漏れです。権利申請漏れがあれば補充すればよいと思うでしょうが、それをすれば最初の出願と同額の倍額費用をこれからずっと支払い続ける必要があります。今回は洋服の事例を取り上げますが、洋服の権利申請だと下着を落とすだろうと予測できます。そしてその予測通り、下着の権利申請が漏れる事例が近年急増しています。

Read more


タオルの商標権にふきんの権利が入っていない案件が急増中

タオルの商標権にふきんの権利が入っていない案件が急増中

索引

初めに

先日来、商標権の権利範囲に追加料金なしで取得できる範囲の中に、当然入っていると予測できる範囲が漏れている問題を特集しています。今回は、まさかタオルを権利範囲に含む商標権に、ふきんの権利は漏れていないだろうな、と思って調べてみると、やはりふきんの権利が漏れています。これからタオル事業に乗り出す際に、タオルの権利だけを取得して、取得に追加料金が必要ないふきんの権利を取得しないのはなぜでしょうか。

Read more


【続報】釣り具の商標権でもマリンスポーツの権利が丸抜け案件急増中

釣り具の商標権でもマリンスポーツの権利が丸抜け案件急増中

索引

初めに

ここのところ連続して、ここ1〜2年内に登録された商標権に、権利取得漏れが疑われる案件が急増している問題についてスクープを続けています。最近取得された商標権の権利漏れのパターンは決まっていて、商標登録のことを何一つ理解していない人がまとめて願書を作成したら、おそらくこの範囲を落とすだろう、と予測できる範囲があります。そこを集中的に調べると、出るわ出るわで、続々と権利取得漏れが疑われる案件がざくざく出てきます。今回は商標権で釣り具を権利範囲として含みつつ、マリンスポーツの権利がごっそり抜け落ちている案件について詳細にレポートします。

Read more


アクセサリーの商標の分野でも権利取得漏れ疑惑のある登録例が多発

アクセサリーの商標の分野でも権利取得漏れ疑惑のある登録例が多発

索引

初めに

連日、商標登録の際の権利範囲設定が狭い問題をスクープしています。まさか、ブルータス、おまえもか。今回調査したアクセサリー分野の商標権でも、本来なら1回の手続で1回分の費用で登録できる範囲について商標権を取得せず、細かく分割して商標登録している事例が急増しています。必要でない権利範囲までを取得する必要はありません。しかし2020年にあえて狭く権利範囲を限定した商標権が急増しています。なぜアクセサリー分野で商標権の範囲が狭くなっているのか、その謎を追います。

Read more


【注意喚起】クラウド関連商標で権利申請漏れが生じていないかチェックを

クラウド関連商標で権利申請漏れが生じていないかチェックを

索引

初めに

私の個人的な思い過ごしであって欲しいと願っているのですが、最近取得された商標権に権利申請漏れがあるものが増加したのではないかとの疑念を私は個人的に持っています。商標権を取得するなら、これは外せないだろうと思われる権利範囲が含まれていない。そんな権利内容に穴がある商標権が増加しているように感じるのです。権利申請もれがある商標権は後になって売却する段階になってから価値が下がります。今回はクラウド回りの商標権で近年何が生じているかを解説します。

Read more