商標登録の話題

無料商標調査 暴走人工知能

マリンスポーツ分野の商標権でも権利取得漏れ案件が多数発生

マリンスポーツ分野の商標権でも権利取得漏れ案件が多数発生

索引

初めに

連日、商標権について本来なら同一料金で一度で取得できる範囲が取得されていない案件が多数発生している件についてスクープしています。この分野の商標権を取得するなら権利範囲としてこれは含んで当然でしょう、と予測される範囲について権利が取得されていないのです。これらの商標権には特徴があって、もし商標登録に不慣れな人が手続きをしたなら、この範囲はきっと落とすだろうと予測できる分野について、その通り、権利範囲に欠落がある商標権が多数見つかります。今回は商標権の中でもマリンスポーツの分野の権利欠落問題を解説します。

Read more


テレビゲーム関連ソフト分野でも商標権の権利漏れが発生

テレビゲーム関連ソフト分野でも商標権の権利漏れが発生

索引

初めに

近年商標登録の傾向ががらりと変わってきているのではないか。実際に調べてみると一つひとつの商標権の権利範囲のうち、同一料金で取得できる範囲が以前より狭くなっている現象を観察することができます。連日商標登録の実態をスクープしていますが、今回調べたテレビゲームソフトの分野でも商標権の権利取得漏れの増加が顕著に確認できます。

Read more


商標のおむつ分野でも商標願書に記載漏れ事例が多数発生か?

商標のおむつ分野でも商標願書に記載漏れ事例が多数発生

索引

初めに

先日から商標権取得の際に、同一料金で取得できるはずの権利申請範囲が狭くなっている問題を報告しています。追加費用が必要になるのであれば登録を見送ることも十分想定されます。しかし昨年2020年には同一料金で権利取得が可能なのに、あえて権利申請をせず、狭い範囲であえて商標登録する事例が増加しています。おむつの分野でもおそらく権利申請漏れが起きているのではないか、と予測して調べてみると、果たしてその予測通りの結果が得られています。

Read more


商標を肩書きとして登録するにはどうしたらよいか

商標を肩書きとして登録するにはどうしたらよいか

索引

初めに

業務とか営業に使っているユニークな肩書きを商標登録する場合のチェックポイントについて説明します。一般に商標登録の対象となる商品・役務は自分のものではなく、他人に販売提供するものが対象となりますが、うまく権利化する方法があります。

Read more


商標の書類押印はどうなるのか?

商標の書類押印はどうなるのか?

(1)商標の書類に押印は必要か?

商標の書類には押印が要るものと要らないものがあります

2020年のコロナウイルス対策の一環として、対面での業務を避ける在宅ワークが推奨されています。従来の日本型業務ですと稟議と呼ばれる一連の承認手続にハンコにより押印するのが商習慣となっていました。2020年以降はこの習慣の見直しが図られます。

Read more