スプーン

無料商標調査 暴走人工知能

スプーンフォークの商標登録で無料追加できる包丁ナイフの権利入れ忘れが2020年だけで8000万円分増加

スプーンフォークの商標登録で無料追加できる包丁ナイフの権利入れ忘れが2020年だけで8000万円分増加

索引

初めに

2020年はコロナショックで在宅ワークが始まりましたが、補助金の不正受給が社会問題になっていて、逮捕者も出ています。

この不正の動きに連動するかのように、商標登録の分野でも前年度比1000件、2000件の単位で、2020年になって急に商標登録の権利漏れ疑惑案件が少し調べるだけで数多く発見することができます。

連日商標登録の権利取得漏れ問題をスクープしていますが、2020年になってから大量に発生している権利取得漏れ疑惑案件には特徴があって、権利を追加しても追加料金が発生しないアイテムで発生しています。

つまり、追加料金の発生しない範囲を一人に提供せず、ばらばらにして切り売りするかの様に商標登録されています。

取得しても追加料金が発生しない権利範囲をまとめて一人に渡すのではなく、何分の一かに分割して、同じ料金を回収しつつ狭い権利範囲の商標権ごとに権利提供されています。

今回は、スプーンフォークの商標登録で、権利取得しても追加費用が発生しない包丁ナイフの権利が漏れている問題をスクープします。

Read moreスプーンフォークの商標登録で無料追加できる包丁ナイフの権利入れ忘れが2020年だけで8000万円分増加