公序良俗

無料商標調査 暴走人工知能

あなたの商標が「公序良俗違反」と言われる場合とは?

あなたの商標が「公序良俗違反」と言われる場合

1.「拒絶理由」とは

出願された商標が登録できるかどうか判断するのは特許庁の審査官ですが、「これに該当したら登録ダメ」という理由がきちんと商標法に記載されています。これが「拒絶理由」いうものです。つまり、商標が登録されるためにクリアしなければならない要件は法律で決められているのです(商標法第15条)。

Read more