取消

無料商標調査 暴走人工知能

使用状況を理由に抹消されることも‐取消審判

使用状況を理由に抹消されることも

1.登録商標の使用

事業者が市場において勝ち残るには需要者に商品やサービスを購入してもらう必要があるところ、事業者は優れた商品やサービスを提供するため研究開発活動を行う一方、マーケティング活動を行い需要者に自社の商品やサービスを知ってもらうよう努めることになります。こうしたマーケティング活動の一環としてブランド戦略が存在します。商標登録出願も、ブランド戦略を前提として、需要者に自社の商品やサービスを選んでもらうために行うものであり、登録商標は自社の商品やサービスの目印として使用されることを前提としたものです。

Read more使用状況を理由に抹消されることも‐取消審判


仲間が無断で商標登録をしてしまった場合

仲間同士で色々相談していて、ビジネスを立ち上げる準備をしていた、とします。

このとき、仲間の一人がこちらを裏切って、無断で特許庁にみんなで使うはずの商標を登録してしまった場合には、法律的にはどうなるのでしょうか。

Read more仲間が無断で商標登録をしてしまった場合


商標登録を取り消されないために

商標登録が無事終了して商標権が発生した後でも、商標登録が取り消されたり、無効にされたりする場合があります。特許庁に対して異議申立や無効審判を行うことができます。特許庁による審判官の合議体の検討の結果、商標登録が取り消されたり、無効にされたりします。この場合は商標権は原則として最初から無かったものとなります。