登録

無料商標調査 商標登録革命

登録商標の類否判断とは?その重要性と判断の進め方

登録商標の類否判断とは?その重要性と判断の進め方

1. はじめに

1-1. 登録商標と類否判断の関係

特許庁に商標登録出願の権利申請をして、審査に合格して、登録手続を済ませると商標権が発生します。

特許庁に登録されている登録商標と同一の商標だけが商標権の権利範囲に入るなら、ライバルは登録商標を少し改変するだけで商標権の権利範囲をすり抜けることができます。

これでは商標を有効に守ることができないので、商標権の権利範囲には、登録商標と同じ商標だけでなく、登録商標に似ている商標も含まれます。

Read more

商標登録戦略:「使っている商標」をどう守るべきか?

商標登録戦略:「使っている商標」をどう守るべきか?

商標登録は企業や個人が自身の商標を守るために非常に重要な手続きです。商標登録により、他者からの商標の不正使用や侵害を防ぎ、自社のブランド価値を守ることができます。本記事では、商標登録の重要性や出願手続きの概要、商標の範囲や登録方法、商標の表記方法について詳しく説明します。さらに、使用している商標の保護方法や使用していない商標の保護との比較、商標登録の費用と効果、監視と侵害対策、期限と更新手続き、商標登録のメリットとデメリット、成功事例と失敗事例、戦略のポイント、商標登録と知的財産権の関係についても解説します。

Read more

会社の登記と登録は何が違うのか?

会社の登記と登録は何が違うのか?

(1)会社の設立登記とは?

会社の設立登記を行って会社が誕生します

会社を設立することが決まったなら、法務局に会社の設立登記をする必要があります。例えば株式会社の場合はその本店の所在地で設立の登記を済ませることにより設立が認められます(会社法第49条)。

Read more