会社登記と商標登録の違いについて

無料商標調査 暴走人口知能

ビジネスを始める際、重要なのは会社の登記と商標の登録。これらは完全に異なる手続きですが、混同されがちなので注意が必要です。

まず、会社の登記は法務局で行います。これは会社としての法的な存在を確立するためのものです。

一方、商標の登録は特許庁で行います。商標登録は、あなたの商品やサービスを識別するマークやロゴを保護するためのものです。

重要なのは、会社の登記をしても、それが自動的に商標権をもたらすわけではないということ。

商標登録は、特許庁に願書を提出し、その申請が先のものが権利を得る形です。

ですから、たとえあなたが会社名を既に使用していたとしても、商標登録をしていなければ、他人にその名前の商標権を取られてしまう可能性があるのです。

商標権は土地の権利に似ていて、一度他人に取られてしまうと、取り戻すのに多大な時間とコストがかかります。

このため、ビジネスを立ち上げる際は、会社登記と同時に、あるいはそれ以前に商標登録の申請をすることが賢明です。

つまり、商標登録は「先手必勝」。自分のビジネスを守るためにも、商標登録の重要性を忘れないでください。

ファーイースト国際特許事務所
所長弁理士 平野 泰弘
03-6667-0247

無料商標調査

あなたの商標が最短1ヶ月で登録できるかどうか、分かります
識別性を判断することで、商標登録できるかどうか、分かります
業務分野の検討が、商標の価値を最大化します

コメントする