商標登録のチェック

無料商標調査 暴走人口知能

1. 商標を使用する前に確認が必要

新しく使用を検討している商標がすでに誰かによって登録されているかどうかを知るには、専用のデータベースで検索する必要があります。自分のビジネスで使いたい商標が、他の業界で使われていても、自分の業界とは関連性がないと思われる場合でも、安全を確保するためには調査が不可欠です。

2. 他人の言葉に頼らず、自分で確認を

他の人が「大丈夫だろう」と言っても、それに頼るのではなく、自分自身でデータベースを使って実際に調べることが大切です。このステップを怠ると、意図しない法的な問題に直面するリスクがあります。

3. データベースでのチェックだけでは不十分

データベースで問題がないと判断されたとしても、それだけでは安心できません。なぜなら、商標登録は最初に使った人ではなく、実際に特許庁に申請した人が権利を持つからです。ですから、あなたが調べた後で、他の誰かが商標に関して申請を完了させた場合、彼らが権利を持つことになります。

4. 早めの行動が鍵

データベースで空席が確認できたら、他の誰かがその権利を取得する前に、先に申請手続きを進めることが重要です。これにより、商標を確実に自分のものにすることができます。

商標登録におけるポイントは、このように積極的かつ迅速に行動することです。自分のビジネスやブランドを保護するために、この手順を忘れずに行いましょう。

ファーイースト国際特許事務所
所長弁理士 平野 泰弘
03-6667-0247

無料商標調査

あなたの商標が最短1ヶ月で登録できるかどうか、分かります
識別性を判断することで、商標登録できるかどうか、分かります
業務分野の検討が、商標の価値を最大化します

コメントする