商標登録では先行商標のチェックが大切です

無料商標調査 暴走人口知能

商標登録を考えた時、最初に行うことは、既に登録されている商標との重複がないかを調べてみることです。出願願書を特許庁に提出する前の大切なステップになります。

既に存在する他人の商標権の内容と重複部分がある新しい出願は登録が認められないからです。

たとえば、「サンライズ」という商標がすでに登録されている場合、これと似たような名称、例えば「東京サンライズ」や「豊富な品揃えのサンライズ」などは、登録が難しいと考えられます。なぜなら、商標の判断では、名称の中でも特徴のある共通部分が重要視されるからです。

では、どうすれば良いのでしょうか?

一つの方法は、既存の「サンライズ」とは異なる特徴を加えることです。

これには、図形を追加したり、文字を変更するなどの工夫が必要です。しかし、これも完全な解決策ではありません。実際のビジネスでは、こうした問題は非常に複雑で、明確な答えがないことが多いのです。

考え方としては、仮に自社が「サンライズ」との商標権を自社が保有している場合に、ライバルがどの程度改変使用してきた場合には文句を言わずに許せるか、です。攻守の立場を入れ替えると考えるとわかりやすいと思います。

一方で、特許庁の実務では登録に時間がかかることも考慮に入れなければなりません。平均して6ヶ月か、それ以上の審査期間がかかるため、早めの対応が必要です。問題が見つかれば、他の商標案を考えることも重要です。

最終的に、早い段階で商標登録の申請を済ませておくことが最善の策だったかもしれません。しかし、時間を戻すことはできません。ですから、望む商標を取得するためには、粘り強く対策を練ることが求められます。また、万が一登録が難しい場合のために、次の案を考えておくことも大切です。

ファーイースト国際特許事務所では、お客様の商標登録に関する悩みを解決するため、最後までサポートします。

ファーイースト国際特許事務所
所長弁理士 平野 泰弘
03-6667-0247

無料商標調査

あなたの商標が最短1ヶ月で登録できるかどうか、分かります
識別性を判断することで、商標登録できるかどうか、分かります
業務分野の検討が、商標の価値を最大化します

コメントする