アクセサリー

無料商標調査 暴走人口知能

アクセサリーの商標の分野でも権利取得漏れ疑惑のある登録例が多発

アクセサリーの商標の分野でも権利取得漏れ疑惑のある登録例が多発

索引

初めに

連日、商標登録の際の権利範囲設定が狭い問題をスクープしています。まさか、ブルータス、おまえもか。今回調査したアクセサリー分野の商標権でも、本来なら1回の手続で1回分の費用で登録できる範囲について商標権を取得せず、細かく分割して商標登録している事例が急増しています。必要でない権利範囲までを取得する必要はありません。しかし2020年にあえて狭く権利範囲を限定した商標権が急増しています。なぜアクセサリー分野で商標権の範囲が狭くなっているのか、その謎を追います。

Read more

アクセサリーの商標登録

商標法には商標登録の際に指定する商品のカテゴリーである区分の中に、アクセサリーという分類は存在しないのです。このため、いわゆるアクセサリーを商標法で保護する場合には、指輪、イヤリング、ネックレス、ブレスレット等の身飾品を具体的に指定しておく必要があります。