アパレル

無料商標調査 暴走人工知能

アパレル分野で権利漏れ商標登録案件が急増か

アパレル分野で権利漏れ商標登録案件が急増か

索引

初めに

2021年1月時点で、最近成立した商標権の権利範囲が異様に狭くなっている点がファーイースト国際特許事務所内で問題になっています。商標公報で調べてみると、急速に権利範囲の狭い商標権が全体的に増えている、というのです。所内弁理士・弁護士が集まって、もし、商標権に詳しくない素人さんが商標登録出願をした場合に、一番影響が出やすいのはどこか、それはアパレルの分野ではないか、と話がまとまりました。実際にアパレルの分野で商標権の取得権利範囲に影響がでているのか2010年までさかのぼって国内商標登録案件を精査してみました。

Read more


アパレル分野に関する商標の区分分類を一挙に解説

アパレル分野に関する商標の区分分類を一挙に解説

ⅰ まずはじめに

 商標登録制度は商品またはサービスに使用する名称やマーク等の目印を法律によって保護する制度です。

また、商品とサービスは国際分類に則ったクラス編成がなされており、商標登録出願をする場合、提出する願書ではクラス(区分)を記載した上で具体的な商品又はサービスを指定する必要があります。

Read more


アパレルの商標登録

アパレル関係の商標登録は、流行があるので先手を取って動く必要があります。特許庁における商標登録の審査には半年程度かかりますから、アパレル関係の展示会直前に商標登録を行おうとしても間に合わない場合があります。商標登録には早期審査制度もあるのですが、実際に開発しているアイテムしか商標登録が認められない等のデメリットもありますので、専門家と事前によく相談するとよいと思います。