拒絶

無料商標調査 暴走人工知能

先生助けて!拒絶理由通知が送られてきました。これって何ですか。(1)

先生助けて!拒絶理由通知が送られてきました。これって何ですか。(1)

ここで示す10号、15号および19号は、こちらが出願した商標が、他人の有名な商標と重なる関係にある場合の規定です。

既に存在している有名な商標と間違えるような商標は後から審査に合格させませんよ、という内容の規定です。

1.10号

「他人の業務に係る商品若しくは役務を表示するものとして需要者の間に広く認識されている商標又はこれに類似する商標であつて、その商品若しくは役務又はこれらに類似する商品若しくは役務について使用をするもの」
(商標法4条第1項10号)

未登録周知商標についての規定です。

日本の商標は登録主義を採用しているため、登録要件の判断は他人の登録商標との関係を中心に審査されます。

しかし、たとえ未登録であっても一定の周知性を獲得した商標を他人が後から出願しただけで、当該他人への登録を認めてしまっては周知性を獲得したものの既得権益が侵されるだけでなく、既存の法律状態が崩れる結果となってしまいます。

Read more


商標登録の拒絶理由通知対応

商標登録出願を行った場合、何の問題もなく審査をパスすることができれば良いのですが、特許庁における審査の結果、審査官が商標登録できないと判断したものについては拒絶理由通知が発せられます。
この拒絶理由通知に的確に対応しないとせっかくの商標登録出願も拒絶査定になってしまいます。
ご自身で商標登録出願された案件であっても拒絶理由通知を受けた場合には一度ご連絡くださいね。
その出願を助けることができるかどうか、無料で診断します。
ファーイースト国際特許事務所で中途受任した案件で商標登録されなかった場合には一銭も頂きません。
ですから安心して問い合わせてみてくださいね。