行使

無料商標調査 暴走人工知能

商標権の行使は商標権者の自由

商標権を侵害している者が複数いる場合、誰を訴えるかは商標権者の自由です。同じような商標を使用している者が多数いるからといって商標権の権利行使を免れることはできません。また商標権は先に特許庁に商標登録手続きを終えた者に与えられます。商標を使用しているだけでは商標権は得られないことに注意が必要です。