商標審査突破のカギは、審査の判断基準にあり!

無料商標調査 暴走人口知能

商標が登録されるか否か、その全ては商標法の規定によります。商標法に基づく厳格な審査を通過することが商標登録の必須条件となっているのです。

この審査には主に二つの大切なポイントがあります。

1. 他人の権利に抵触しない商標であること

商標登録にあたって最も重要なのは、他人の既存の商標権と衝突しないこと。つまり、既に登録されている商標と同じ、または似た商標を出願しても、登録は認められないのです。

この問題を避けるためには、出願前に既存の登録商標をしっかりと調査し、重複や類似がないことを確認することが肝心です。

商標権の権利範囲は、願書に記載する指定商品・指定役務の範囲で決まります。この範囲同士が衝突するかどうかも審査で考慮されます。

このためどの範囲で権利申請するかも事前によく検討する必要があります。

2. 一般的な言葉ではない独自性のある商標であること

もう一つの重要なポイントは、商標が一般的な言葉でないこと。ただし、「一般的な言葉は商標登録されない」というのは正確ではありません。

大切なのは「願書の記載により指定された商品やサービスとの関係で」その商標が一般的かどうかが判断されるという点です。

例えば、「パン」という商品に対して「パン」という単なる言葉の商標は登録されませんが、もしその言葉が特定の商品やサービスと関連して一般的でない場合は、登録が認められる可能性があります。

このように、商標登録のプロセスは複雑ですが、正しい知識を持つことでスムーズに進めることができます。商標登録を考えている皆さん、是非これらのポイントをお忘れなく!

ファーイースト国際特許事務所
所長弁理士 平野 泰弘
03-6667-0247

無料商標調査

あなたの商標が最短1ヶ月で登録できるかどうか、分かります
識別性を判断することで、商標登録できるかどうか、分かります
業務分野の検討が、商標の価値を最大化します

コメントする