商標選択の重要性:自他商品識別力の必要性

無料商標調査 暴走人口知能

商標を選ぶ際、重要なのは「自他商品識別力」です。商標は単に商品やサービスに名前を付けるだけではなく、消費者がこちらのの商品を他社の商品と区別し、選択できるようにするための重要な役割を果たします。

例を挙げましょう。「アルカリ天然水」という商品名でアルカリ天然水を販売すると、消費者は「アルカリ天然水」がどの会社の商品なのかを識別できません。

結果、他社の商品を選んでしまうリスクがあります。

商標の最初の目的は、消費者が迷うことなく、こちらの商品だけを選択できる目印を提供することです。この識別機能を「自他商品識別力」と呼びます。

自他商品識別力を持たない商標は、商標法で保護されません。

例えば、商品「コーヒー」に「コーヒー」という商標を付けた場合、これは消費者が他の多くのコーヒー商品と区別できないため、適切な商標とは言えません。

実際、缶コーヒーに「缶コーヒー」という名前を付ける企業はありません。

「ワンダ」や「ジョージア」のように、コーヒーとは直接関係のない独自の名前が付けられています。これは自他商品識別力があるためです。

商標は、商品説明ではないのです。

商標を選ぶ際は、単に商品名を付けるのではなく、その商品を特徴づける、区別可能な名前を考えることが重要です。

このように自他商品識別力を意識することで、あなたの商品は市場で際立ち、成功への一歩を踏み出すことができます。

ファーイースト国際特許事務所
所長弁理士 平野 泰弘
03-6667-0247

無料商標調査

あなたの商標が最短1ヶ月で登録できるかどうか、分かります
識別性を判断することで、商標登録できるかどうか、分かります
業務分野の検討が、商標の価値を最大化します

コメントする