審査

無料商標調査 暴走人工知能

商標登録が拒絶される理由

特許庁に商標登録出願をしても全てが商標登録される訳ではありません。完璧な出願書類を作成するだけでは足りないのです。商標登録を求める商標が法律に定める要件を充足していることが求められます。

商標登録の拒絶理由通知対応

商標登録出願を行った場合、何の問題もなく審査をパスすることができれば良いのですが、特許庁における審査の結果、審査官が商標登録できないと判断したものについては拒絶理由通知が発せられます。
この拒絶理由通知に的確に対応しないとせっかくの商標登録出願も拒絶査定になってしまいます。
ご自身で商標登録出願された案件であっても拒絶理由通知を受けた場合には一度ご連絡くださいね。
その出願を助けることができるかどうか、無料で診断します。
ファーイースト国際特許事務所で中途受任した案件で商標登録されなかった場合には一銭も頂きません。
ですから安心して問い合わせてみてくださいね。

商標登録の条件

書面を作成して特許庁に商標登録出願しても、それだけでは商標登録されるとは限りません。書面の作成内容が完璧で、法定される様式に則って書類を作成して出願するだけでは足りないのです。審査の結果、審査官は審査に合格できない理由を示してきますが、指摘された全ての点をクリアしないと審査に合格できないのです。