指定商品

無料商標調査 暴走人工知能

商標は指定商品・指定役務とワンセットで登録します

商標は指定商品・指定役務とワンセットで登録します

1. はじめに

今日、我々の周りには無数の商品やサービスがあふれています。それぞれの商品やサービスは、特定の名前やロゴによって我々の記憶や意識の中に存在しています。これらの名前やロゴが、消費者にとっては単なるシンボルではなく、品質や信頼性、またブランドのイメージと密接に関連していることは言うまでもありません。このような名前やロゴを「商標」と言います。

商標は、自社やビジネスのアイデンティティを形成する重要な要素であり、商品やサービスを市場で他社のものから識別しやすくする役割を果たしています。

Read more

ブランド保護に必須!商標登録表示の重要性と意義

ブランド保護に必須!商標登録表示の重要性と意義

1. 商標登録表示の基本とは

商標登録表示とは、企業やブランドが特定の商品やサービスについて商標権を保有していることを公に示すためのマークや表記のことを指します。商標登録は法的な手続きを経て取得されるものであり、商標登録を受けた商標には、それが登録商標であることを示す表示や「商標登録済み」などの表示が行われます。慣用的に「®(アールマーク)」が付けられる場合もあります。

Read more

指定商品の追加

商標登録の出願の際には願書に指定商品を書く欄があります。願書に記載した指定商品の範囲で商標権が発生します。もしうっかり指定商品の欄に商品を記載するのを忘れた場合、後から指定商品を追加する補正を行うことはできないことになっています。このため商標登録の出願内容に指定商品の漏れがあることに気がついた場合には、至急新たな出願をする必要があります。

商標登録の際に問題となる区分

商標登録を行うときには特許庁に商標を指定して手続きを行います。
このとき、商標のみが登録の対象になるのではなくて、その商標を使用する商品や役務(サービス)を合わせて登録することになっています。
願書に記載した商標に関連して願書に記載する商品や役務はそれぞれ指定商品、指定役務と呼ばれます。
この指定した商品や役務が商標権の権利範囲を定める基準になります。