一般名称

無料商標調査 暴走人工知能

先生!一般名称が商標登録されています。

先生!一般名称が商標登録されています。

1.まずはじめに

商標登録第2033007号の商標権者が大手スーパーを相手取り、当該スーパーが使用する商標「十二単の招福巻」が登録商標の侵害に該当するか否かが争われました。

Read more先生!一般名称が商標登録されています。


先生、この商標やっぱり一般名称ですよね?(後半)

先生、この商標やっぱり一般名称ですよね?(後半)

1.四号

「ありふれた氏又は名称を普通に用いられる方法で表示する標章のみからなる商標」(四号)

ありふれた氏等についての規定です。具体的には「山田」「タカハシ」「HIRANO」等が当てはまります。

多分「秋和」は適用してもらえないと思います。ありふれているか否かの判断は個別に行われますが、以前は特許庁審査官は本号に該当するのか否かを判断する際に50音別電話帳を参考にしていたそうです。

Read more先生、この商標やっぱり一般名称ですよね?(後半)


先生、この商標やっぱり一般名称ですよね?(前半)

この商標やっぱり一般名称ですよね?(前半)

1.柱書き

「自己の業務に係る商品又は役務について使用をする商標については、次に掲げる商標を除き、商標登録を受けることができる。」(商標法3条第1項柱書)

 使用の意思についての規定です。例えば、指定するサービスの数が多く、出願する商標を指定役務に使用する意思の確認ができない場合や、「工業所有権に関する手続の代理」のようにそのサービスを行うためには「資格」が必要であるにも関わらず、出願人がその資格を保有しているかの確認ができない場合には、本項に基づく拒絶理由が通知されます。

Read more先生、この商標やっぱり一般名称ですよね?(前半)


一般的名称を商標として選ぶと損をするのはなぜですか?

索引

(1)商標法のなかでの一般的名称とはなんですか

商標法において一般的名称とは、商品・役務の取引業界で一般的であるという認識に至っているものをいいます。

では、一般的名称は具体的にどのようなものでしょうか。

Read more一般的名称を商標として選ぶと損をするのはなぜですか?


一般名称が商標登録の対象になるかどうかはこう考える

一般名称はみんなが使う必要のある言葉だから商標登録されない、というのは本当でしょうか。願書に記載する商品やサービスは、指定商品、指定役務と呼ばれています。この指定商品や指定役務との関係において、商標が一般的かどうかを判断します。商標自体が一般的によく使用される言葉であったとしても、指定商品や指定役務との関係において、商標登録される場合もあります。