意匠登録

無料商標調査 暴走人工知能

キャラクターデザインは意匠登録ではなく商標登録で保護しよう

キャラクターデザインは意匠登録ではなく商標登録で

ⅰ 本当に意匠登録でいいのですか?

商標権は商品またはサービスに使われる目印を法律によって保護するための権利です。

ここで、権利の対象となる商標は何も「文字」だけには限られてはおらず、例えば「ロゴタイプ」や「シンボルマーク」「キャラクターデザイン」等のデザイン化された「ロゴマーク」も商標として認められている点に注意が必要です。

Read more


あなたのデザイン原案が意匠登録できない理由

あなたのデザインが意匠登録できない理由

(1)どうしてデザインが意匠登録できないのか?

意匠法により守られるデザインには制限もある

デザインが完成したから意匠登録でそのデザインを守ろう、と考えて専門家に相談したところ、的外れな回答が返ってくるケースがあります。

Read more


商標登録と意匠登録

商標登録と意匠登録との違いについて簡単に説明しますネ。俗に「デザイン商標」とか「ロゴ商標」とか「意匠商標」等の言葉が使われることがありますが、これらは造語であって、法律上の規定がありません。これらの造語を文字通り使用すると、「デザイン商標の意匠登録を考えているのですが」との会話が出てくる可能性がありますが、デザイン商標を意匠登録するケースは存在しないのです。意匠と商標とでは保護対象が異なるからです。

商標登録と意匠登録との違い

商標登録はネーミング、会社名、商品名、サービス名等の文字等からできているブランドを保護するものです。これに対し意匠登録は物品に表現されたデザインを保護するものです。意匠登録の場合は既に知られているデザインは原則として意匠登録されないのに対し、商標登録の場合は既に知られている商標であっても登録の対象になります。