Blog

無料商標調査 暴走人工知能

ネクタイの商標登録でスーツの権利範囲入れ忘れが2020年に激増

ネクタイの商標登録でスーツの権利範囲入れ忘れが2020年に激増

索引

初めに

2020年になってから、急に同一料金内で取得できる商標登録の範囲が狭くなった商標権が急増しています。

本来なら追加料金なしで無料でスーツを追加して権利が得られたのに、あえてスーツを商標権の権利範囲から外した上で、ネクタイだけを権利範囲に含む商標権が2020年の単年度だけで大量発生しています。

こういった権利範囲が異様に狭い商標権が2020年になって急増した理由はどこにあるのか。今回も商標登録の最前線をスクープします。

Read more


歯磨き・マウスウオッシュの商標登録に口臭用消臭剤の権利を落とした初歩ミスは誰によるもの?

歯磨き・マウスウオッシュの商標登録に口臭用消臭剤の権利を落とした初歩ミスは誰によるもの?

索引

初めに
(1)誰が6500万円分以上の権利申請漏れをやらかしているのか
(2)マウスウオッシュ・歯磨きの商標権に口臭用消臭剤を落とした専門家の数は?
(3)化粧品を指定してもせっけん類は商標権でカバーされない
(4)まとめ


初めに

2020年の1年だけで、前年度比1600件以上もの権利申請漏れ疑惑のある案件がマウスウオッシュを権利範囲に含む商標権に発生していることを前回スクープしました。

なぜかマウスウオッシュを権利範囲に含めながら、口臭用消臭剤の権利が無料で追加して取得できるのに、うっかり見落として権利申請漏れが疑われる案件です。

この権利漏れを補うためには、お客さま側は全体で前年度比6500万円以上もの特許庁印紙代を後から追加して支払う必要がでてきます。最初に願書に記載し忘れなければ払う必要のなかったお金です。誰がこんなことをやらかしているのか、実際に調べてみました。

Read more


6500万円以上の権利申請漏れが発生か?2020年だけでマウスウオッシュに口臭消臭剤の権利が丸抜け

6500万円以上の権利申請漏れが発生か?2020年だけでマウスウオッシュに口臭消臭剤の権利が丸抜け

索引

初めに

2020年はコロナ禍で国民経済が疲弊する一方で、政府の保証金に対する不正搾取による逮捕事例が発生しています。

この様な不正搾取事例にまるで呼応するかの様に、商標権の分野でも追加料金なしで取得できる無料の権利範囲について、権利申請漏れが疑われる事例が多発しています。

商標登録に不慣れな素人さんが手続すればきっとするであろう権利申請漏れについて調べてみると、該当する事例が次から次へと見つかります。

今回も、マウスウオッシュを権利範囲に含む商標権について、追加料金なしで無料で取得できる口臭用消臭剤が漏れている商標権が、2020年だけで前年度比1600件以上も発生しています。

この権利漏れを補うのに必要な費用は特許庁印紙代だけで6500万円分を超えます。最初に願書に記載しさえすれば追加費用の発生なしで権利漏れが生じなかったのに、です

Read more


せっけんの商標権で1年で5000万円相当分の歯磨き権利漏れが発生か?

せっけんの商標権で1年で5000万円相当分の歯磨き権利漏れが発生か?

検索

初めに

ここ連日、注意喚起のために商標権の権利申請漏れ疑惑問題をスクープしています。

取得するのに追加料金が発生しない範囲であえてわざわざ取得できる権利範囲を取り忘れたと疑われる商標権が大量発生しています。

今回は、せっけんを権利範囲に含む商標権について、歯磨きを権利範囲に含めるのを忘れた件を取り上げます。

2020年の1年だけで、歯磨きの権利を取り忘れた疑惑のある商標権が一気に1200件以上、前年より増加しています。

仮に権利を取得し忘れた歯磨きの商品について権利を取り直すと仮定すると、権利補充だけで10年分の料金でおよそ5000万円分の権利申請漏れがあったことになります。

最初に追加料金なしで願書に記載するだけで権利が得られたにも関わらず、あえて1年でこれだけの取得されなかった商標権が発生しています。

Read more


花びんの商標権になぜ無料で追加できるガラス製容器の権利を入れない

本当に調理用具だけを売るのですか。本当に食器の権利は要らないのですか?

索引

初めに

昨日は家庭用の電熱器具で、美容専用品だけの商標権を取得したのに、取得の際に無料で追加できる美容専用品以外の家庭用電熱器具の権利が商標権から抜け落ちている事件をスクープしました。

今日は、花びんを権利範囲に含む商標権について、無料で追加できるガラス製容器の権利範囲を落としてしまった商標権の事例をスクープします。

花びんとのキーワードに注目すると、花びんが見つかった段階で油断してしまい、花びん以外に無料で指定できる商品があることを商標登録の素人さんならするだろう、と事前に予測できるからです。

やはり2020年になって商標権で権利漏れが数多く見つかります。

Read more