商標登録を特許庁で

無料商標調査 暴走人工知能

商標の手続中で失敗しやすい補正の注意点

商標の手続中で失敗しやすい補正の注意点

(1)間違えた商標を差し替える補正を行いたい

商標を間違えて出願した場合にはどうしたらよいか

結論からいうと、商標を間違えて出願した場合には、ほぼ回復手段がありません。

Read more


商標の住所変更の注意点は?

商標の住所変更の注意点は?

索引

(1)住所変更手続を怠っていると商標の権利が失効することも

住所が変わったらその都度特許庁に届け出る

商標登録の申請手続を行った後で住所に変更があった場合には、その都度、住所変更の手続を特許庁に対して行う必要があります。

Read more


出願商標が他社の商標権と衝突した際の回避方法とは?

出願商標が他社の商標権と衝突した際の回避方法とは?

索引

(1)他人の商標権と出願商標の内容が衝突している場合とは?

出願商標と他社の登録商標との関係

商標権は独占権であり、同一の商標権については、その商標権の権利者として認められた人だけが権利を保有することができます。

Read more


平成の次にくる新元号は商標登録できるか?

平成の次にくる新元号は商標登録できるか

「明治」、「大正」、「昭和」、「平成」等の元号は人気があり、これらの元号を社名にしたり、商品名にしたりする会社は多いです。これまでの特許庁の審査運用では、現時点の元号である平成について登録を制限していました。今回の商標の審査基準の改定により、今後は過去の元号だけでなく、今年新しく決まる元号についても登録が制限されます。

ファストトラック審査が向かない出願もあります!

ファストトラック審査が向かない出願もあります

何もしなくても早く審査してもらえるかも?〜「ファストトラック審査」とは〜

1.「ファストトラック審査」が向かないケースとは?

ファストトラック審査のコースに入るための最重要事項は、「出願時の指定商品・役務を決められたリストに掲載されたもののみにする」ことではないでしょうか。

Read more