権利漏れ

無料商標調査 暴走人工知能

弁当箱の商標登録で水筒の権利入れ忘れが2020年に急増

弁当箱の商標登録で水筒の権利入れ忘れが2020年に急増

索引

初めに

2020年に発行された商標公報を解析すると、2020年になって、急に商標登録の際の権利申請漏れが疑われる案件が急増しています。

商標登録の際に権利を広げても追加料金が発生しない範囲と、権利を広げると追加料金が発生する範囲があります。ここの違いを勘違いして、商標登録の手続きを進めたために権利申請漏れを起こしているように外部からは見えます。

追加料金が発生する範囲で権利漏れを起こしても後から漏れた部分を補充しても追加料金はほぼ発生しませんが、追加料金が発生しない範囲で権利漏れをやらかすと、最初に支払った料金と同額の費用が別に追加で必要になります。どこで権利漏れを起こしやすいのか、徹底解説します。

Read more弁当箱の商標登録で水筒の権利入れ忘れが2020年に急増


野球シューズの商標登録でスポーツ以外の靴の権利入れ忘れが5000万円分近く発生か

野球シューズの商標登録でスポーツ以外の靴の権利入れ忘れが5000万円分近く発生か

索引

初めに

2020年発行の商標公報を調べてみると、その年に商標登録された商標権の中に、不自然な権利取得状況を見ることができます。

具体的には商標登録のプロが権利申請したなら起こすはずのない権利漏れをあらゆる分野で観測することができます。しかもその数が半端なくて500件、1000件単位で見つかります。

本来なら最初に特許庁に提出した願書に記載しておけば、無料で権利範囲に含めることができたのに、まるであえて権利範囲から外したかのようなざるの様な権利取得漏れが、2020年になって、急に見つかります。

今回は野球シューズ等のスポーツ用シューズの商標登録について、権利範囲にそれ以外の靴を指定し忘れた事例を取り上げます。

Read more野球シューズの商標登録でスポーツ以外の靴の権利入れ忘れが5000万円分近く発生か


スプーンフォークの商標登録で無料追加できる包丁ナイフの権利入れ忘れが2020年だけで8000万円分増加

スプーンフォークの商標登録で無料追加できる包丁ナイフの権利入れ忘れが2020年だけで8000万円分増加

索引

初めに

2020年はコロナショックで在宅ワークが始まりましたが、補助金の不正受給が社会問題になっていて、逮捕者も出ています。

この不正の動きに連動するかのように、商標登録の分野でも前年度比1000件、2000件の単位で、2020年になって急に商標登録の権利漏れ疑惑案件が少し調べるだけで数多く発見することができます。

連日商標登録の権利取得漏れ問題をスクープしていますが、2020年になってから大量に発生している権利取得漏れ疑惑案件には特徴があって、権利を追加しても追加料金が発生しないアイテムで発生しています。

つまり、追加料金の発生しない範囲を一人に提供せず、ばらばらにして切り売りするかの様に商標登録されています。

取得しても追加料金が発生しない権利範囲をまとめて一人に渡すのではなく、何分の一かに分割して、同じ料金を回収しつつ狭い権利範囲の商標権ごとに権利提供されています。

今回は、スプーンフォークの商標登録で、権利取得しても追加費用が発生しない包丁ナイフの権利が漏れている問題をスクープします。

Read moreスプーンフォークの商標登録で無料追加できる包丁ナイフの権利入れ忘れが2020年だけで8000万円分増加


ポーチの商標登録で携帯用化粧道具入れを権利に入れ忘れた商標権が2020年度だけで前年度比1000件近く増加

ポーチの商標登録で携帯用化粧道具入れを権利に入れ忘れた商標権が2020年度だけで前年度比1000件近く増加

索引

初めに

ここ連日スクープしている通り、2020年になって、急に権利範囲の狭い商標権が激増しています。

権利漏れを起こしたアイテムを元の商標権に追加しても追加料金が発生しない商品役務の権利漏れが前年度比1000件単位で発生しています。

最初に権利申請しておけば追加料金が発生しなかったのに、わざわざ権利範囲から落としたため、もし権利を補充しなおすとすると4000万円近くの特許庁印紙代が必要になってしまいます。

今回はポーチや小物入れケースを権利範囲に含む商標権で、携帯用化粧道具入れの権利が抜け落ちている商標権の事例をスクープします。

Read moreポーチの商標登録で携帯用化粧道具入れを権利に入れ忘れた商標権が2020年度だけで前年度比1000件近く増加


ネクタイの商標登録でスーツの権利範囲入れ忘れが2020年に激増

ネクタイの商標登録でスーツの権利範囲入れ忘れが2020年に激増

索引

初めに

2020年になってから、急に同一料金内で取得できる商標登録の範囲が狭くなった商標権が急増しています。

本来なら追加料金なしで無料でスーツを追加して権利が得られたのに、あえてスーツを商標権の権利範囲から外した上で、ネクタイだけを権利範囲に含む商標権が2020年の単年度だけで大量発生しています。

こういった権利範囲が異様に狭い商標権が2020年になって急増した理由はどこにあるのか。今回も商標登録の最前線をスクープします。

Read moreネクタイの商標登録でスーツの権利範囲入れ忘れが2020年に激増